抗がん剤による副作用とは?我慢は禁物

病院

抗がん剤の副作用

医者

副作用には段階があります

抗がん剤治療によって副作用が発生してしまうケースがありますが、その症状には段階がつけられています。また、抗がん剤を投与していても副作用があまり出ないという患者さんも中にはいらっしゃいます。逆のケースもあり、副作用の度合いによっても薬の量を検討したりするのです。

0~1の段階

副作用の段階が1以下の症状は、患者さんの自覚症状がみられない、または数日で無くなるといった軽度の状態となります。このような場合は、抗がん剤の治療を問題なく続けることができます。

2以上の段階

症状が2段階以上になると、目立った副作用が現れる状態となります。患者さんにとっても苦痛が大きくなるため、抗がん剤治療の見直しや副作用に対しての対処がなされます。

副作用は人それぞれです

副作用の度合いは、その人の体質によるものが大きいです。さらに抗がん剤の種類によって症状も様々となります。副作用が出てしまった時は、耐えるのではなく医師に相談しましょう。

抗がん剤による副作用

抗がん剤による治療の問題は、副作用です。その副作用を少しでも軽減するために、役立つ知識をご紹介します。

広告募集中