抗がん剤治療後の後遺症について

病院

後遺症を予防するために

後遺症を残さないためには治療中にしっかりと栄養を摂るなどし、免疫を高める心がけを行うことが大切です。

抗がん剤治療の後遺症

診断

神経障害

抗がん剤治療を行うことで、後遺症が残ることがあります。その後遺症としては末梢神経障害があります。末梢神経障害とは、自律神経や運動神経、感覚神経に異常を起こすことです。

運動神経の異常

運動神経に異常が起こった場合、上手く歩けなくなる、階段を上ることが出来ない、物をうまく掴めないといった症状が現れます。

自律神経の異常

自律神経に問題があると、手足などの末端が冷える、下半身に汗をかかなくなるといった症状が現れることがあります。

抗がん剤による副作用

抗がん剤による治療の問題は、副作用です。その副作用を少しでも軽減するために、役立つ知識をご紹介します。

広告募集中